私の散歩道特別編 山形 上山温泉・山寺立石寺行 

          HOME   山寺立石寺   私の散歩道Top
5月の半ばに、山形の上山温泉と山寺に出かけてきました。 最近、この他に散歩には行っていないので、特別編として編集しました。
旧尾形家 国の重要文化財
上山市で、まず始めに行った所です。
全景写真が撮れなかったので、パンフレットの写真です。
尾形家は、代々庄屋をしていた家柄で、
現在の当主は七十二代目です。
家は、17世紀に建てられたものらしく、
中門造り曲り屋の大型民家茅葺屋根です。
建築史上重要な資料のため、昭和44年12月18日に
重要文化財の指定を受けました。
栗の木の一本通しの梁です。
天井はなく、そのまま茅葺の屋根です。
柱もとても太いです。
ご飯を作るかまどです。
昔の脱穀機です。唐箕です。箕(実と殻を分ける)の大きなもの。
子どものころ、近所の農家の軒下にもありました。
使っているのは、見たことがないけれど。
囲炉裏です。
周りの床は、土間の上に籾殻、わら、むしろを敷いています。
奇妙にやわらかい感触です。
蔀戸です。
雪国なので、内側に開くようになっています。
隣の部屋との段差です。
「よいしょっと」という感じに、乗り越えました。
庄屋を勤めていたので、お役人が来る時の部屋があります。
お役人用の部屋は、畳があります。
ここは、三つの部屋があり、三段階に段差があります。
役人用の一番奥の部屋の床の間です。
上山市指定文化財 いちいの木
役人用の部屋のすぐ脇にあります。とても大きな木でした。
欄間です。
奥の部屋には、それぞれに見合った欄間がついています。
役人用の廊下の蝋燭。
時代劇では、見たことありますが、本物は初めてです。
次に沢庵禅師が配流になっていた庵です。
春雨庵といいます。
ここは、個人で管理されているとのこと。びっくりです。

沢庵禅師は、1629年(寛永六年)に紫衣事件などに、
抗議して、この上山に流されたそうです。
沢庵禅師直筆の春雨庵扁額
春雨庵
この庵の向かって左にお茶室があります。
こんな感じの中門があって、その周りにお茶室があります。
お茶室入り口
お茶室は二つあって、手前のお茶室です。
奥のお茶室です。
お茶室の梁です。
長鉋(ちょうな)で削った縁です。
梁などもみな長鉋で削ったそうです。
ガイドしてくれた運転手も分からなかった花。
名前ご存知の方は、お教え下さい。
さっそく、お友達に教えて頂きました。
「ツクバネウツギ」(衝羽根空木)らしいです。
この春雨庵は、庵跡が史跡になっていたのを、
昭和30年に品川春雨庵
(沢庵禅師が、赦されてから住んだ江戸の寺内にあったもの)
が、改築の際、長押、天井板などを譲り受けて、復元した物です。

お茶室は、茶人でもあった沢庵禅師を偲んで、 造られたものです。


          HOME   山寺立石寺   私の散歩道Top   ページTop